SSブログ
ワキガ ブログトップ

ワキガを手術しないで治すには [ワキガ]

保存療法とは、手術はせずにワキガの臭いを抑えるというものです。

ワキガの臭いの原因は、アポクリン腺から分泌される汗に含まれる脂肪酸やさまざまな物質です。

とはいえ、アポクリン腺からの汗そのものが臭うわけではありません。

分解された脂肪酸や他の汗に溶けた皮脂が臭気の源です。

つまり、汗が臭いを発するようになる前にきれいにしておくことで、ワキガでも臭わない状態にできるわけです。

手術を受けることは大きな改善といえますが、手術を考えるよりもまずはワキガの臭いの軽減のためにできることがあります。

就寝前や出かけるまえにわきを洗う、下着や衣服はこまめに替えて洗濯するなどです。

汗が脇の下に溜まらないよう、シートやパットを使って取りのぞく習慣をつけます。

市販の制汗剤やデオドラント剤にはさまざまなものが含まれています。

汗腺からの発汗を抑制するための成分や脇に存在する細菌自体を減らす成分も用いられています。

この他にも、芳香剤で汗の臭いをわからなくしたり、脱臭剤で臭いを減らしたり、酸化防止剤で細菌の働きを食い止めたりなどの作用があります。

ワキガが気になるなら、一度、制汗剤を使用してみるとよいでしょう。

制汗剤でも改善が見られない、もしくは気に病んでしまって仕方ないという場合にはワキガ手術を受けることをお勧めします。


nice!(0)  コメント(0) 
ワキガ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。